入江建設

  • 入江建設について
  • 事業紹介
  • 施工実績
  • 採用情報
  • お問い合わせ

RECRUIT

株式会社入江建設HOME > 採用情報 > 採用担当者からのメッセージ

採用担当者からのメッセージ

仕事とは「失敗」を通して学ぶもの

社員の成長のスピードの速さは、当社のアピールポイントの一つ。新人研修で基本的な知識やマナーを身につけたら、さっそく、先輩社員の現場に入り、OJTを通して業務の流れをつかみ、実践力を高めていきます。2年目からは小規模な工事の監督を担当し、実際に現場を動かします。
早い時期から独り立ちを促すのは、仕事は失敗から学ぶことこそ大きいと考えているから。困ったり迷ったりしたら上司や先輩社員がアドバイスやフォローをするので、若いうちはどんどん失敗してほしいと思っています。そして3、4年目には、後輩社員に対し、自分自身の失敗談を含めて経験に裏打ちされた指導ができる社員に育ってもらうことが、当社の人材育成のイメージです。
すぐに責任のあるポジションを任されるため、ものづくりの仕事へのやりがいを感じやすいでしょう。仕事に対して達成感や誇りを持てると、さらにモチベーションが高まり、成長はいっそう加速します。
そんな方針ですから、当社で成長していくためには、何よりもやる気が大切。業務を通してさまざまな分からないことが出てきますが、それを放置せずに自ら周囲に質問して解決していく積極性が欠かせません。さらに失敗を隠さずにきちんと 報告し、そこから学ぼうとする正直さや謙虚さも求められます。

社長

コラム

社員同士の横のつながりを深める工夫

当社では、きっと社員間の距離の近さに働きやすさを感じていただけるはず。普段から社長をはじめとした幹部が社員に気軽に話しかけ、相談に乗ったり、雑談したりする姿が見られます。もっとも、仕事をしていると、「幹部にはちょっと相談しづらいな・・・」といったことも出てくるもの。そこで工事部では経験年数の異なる4名ほどのグループを編成し、その中で先輩社員や同僚と相談し合える体制を整えています。また、月1回、グループごとの食事会に補助金を出す制度もあります。
日頃は現場が異なるために社員同士が顔を合わせる機会が少なくなってしまいがちですが、コミュニケーションの場として、社員旅行や食事会、ゴルフコンペなどの企画も充実させています。こうした環境を通して社員同士の横の繋がりが深まり、ちょっと困った時に気軽に連絡を取り合って相談するなど、仕事上でもスムーズに協力し合える関係が育まれています。

コラム